小学校から大学までの教育費をシュミレーション

大人になるまでの学びにはいくら必要?

小学校から中学校までの教育費

子どもが産まれて嬉しい、幸せだという気持ちが大きい一方、とても現実的な問題もあります。
特に計画的に考えておきたいのが、子どもの教育費についてです。
できれば、我が子には幅広い選択肢を与えてあげたいものですよね。
無理をして学費の高い名門校に通わせるのが必ずしも重要ではありませんが、もし子ども自身が希望するのであれば叶えてあげたいと思うのが親心です。
教育費をシミュレーションして、積み立て貯金を行っていくのか、保険を利用するのかなど、考えていきましょう。
世帯年収や現在の資産状況をふまえて、この先の教育費について考えていく必要があります。
さらに子どもの人数によっても変わってきますよね。

このサイトでは、一般的に言われる教育費の目安をご紹介しています。
小学校から大学まで公立なのか私立なのか、高校から私立なのか、大学から私立なのかなど、パターンは様々です。
また、同じ私立でも、学校によって入学金から学費まで大きな差があることもあります。
子どもの教育に関して何に重点を置くのか、費用はいくらまでなら問題なく準備できるのかなど、できるだけ早めにご家庭で相談しておかれることをおすすめします。
こちらで相場について知っていただいて、改めてご家庭でシミュレーションされてみてはいかがでしょうか。
また、単に学費だけでなく、その他に「教育費」として考えておくべき出費もあります。
それは習い事、塾や家庭教師、参考書、交通費まで多岐にわたります。

小学校から大学までの教育費シュミレーション!

小学校から中学校を公立にするのか私立にするのか、各家庭の教育方針が最も顕著に現れる時期だと思います。 もちろん公立か私立で大きく学費が異なるのはご存知でしょうが、実際のところどれぐらいの違いがあるのでしょうか。 ひとつの目安として参考にしてみてくださいね。

高校は学費以外のお金が一番かかる時期?

高校でももちろん、公立か私立かというところで学費が違ってきます。 ですが、特にこの時期に注目したいのは「学費」以外の教育費についてです。 高校では、一般的にその費用が一気に高くなると言われています。 特別教育熱心なご家庭でなくても、塾や家庭教師を利用するという方が増えるためです。

大学に向けて計画的にプランを!

学費自体の負担の大きさが顕著になるのは、大学です。 一般的には国公立大学とは難易度が高く、初めから私立しか視野に入れていないご家庭も多いのが事実です。 そうなると、きちんと大学に向けての教育費の準備はしておきたいものです。 自宅から通うのか、一人暮らしをするのかによってもかかる諸費用も変わってきますよ。