大人になるまでの学びにはいくら必要?

>

小学校から大学までの教育費シュミレーション!

小学校の教育費

公立の小学校では、年間約32万円~、6年間で最低でも約193万円かかると言われています。
高学年になるにつれて教育費が高くなる傾向にあります。
それは塾通いをする子どもが非常に多いためです。
中学受験をしない子どもでも、高学年になると学習塾に通うのが一般的になりつつあります。
また、複数の習い事をしている小学生も珍しくありません。

一方私立では、年間約154万円~、6年間で実に約924万円にものぼるということです。
また私立に通う小学生は、学費以外のその他の教育費が高い傾向にあるようです。
教育熱心なご家庭が多いので、低学年から様々な習い事をしたり塾に通ったりするためです。
学用品や課外活動費にもおいて、公立よりも高い費用がかかるということです。

中学校の教育費

公立の中学校では、年間約48万円~、3年間で約144万円が必要です。
私立になると年間で約133万円~、3年間で約402万円となります。
特に私立では入学金が必要だということもあり、1年次には約157万円必要だということです。
あらかじめ十分な教育費を準備しておく必要がありそうですね。

また、中学校になると公立・私立問わず塾や習い事にかかる費用が大きなウエイトを占めてくるということです。
高校受験を視野に入れた勉強が必要になるため、どうしても教育費がかかってきます。
さらに子どもが成長するにつれて単純に生活費もかかってきますので、そのあたりも考えつつ教育費に充てることができる金額をシミュレーションしておかなくてはなりません。


この記事をシェアする
B!