大人になるまでの学びにはいくら必要?

>

高校は学費以外のお金が一番かかる時期?

公立高校・私立高校

公立高校に通うと3年間で約123万円~、私立高校の場合だと3年間で約299万円~といった費用が必要だということです。
もちろん進学する高校によっても異なりますし、学校に収める金額以外の教育費の部分では個人差も出てきます。
しかし、中学校までと比較するとかなりその差は減っているようですよね。

ただやはり注目してもらいたいのは、習い事や塾にかかる費用もさらに高額になってくるということです。
特に大学受験をするならなおさらで、高校1年生から塾通いをするのも珍しくありません。
また、受験費用を用意しておく必要も出てきます。
推薦入試などでは、早めに入学金を納入するケースもあります。
つまり高校3年生ではすでに大学入学にかかる費用を用意しておく必要があるのですね。

学費だけじゃない?

さらに費用がかかるのは、習い事や塾だけではありません。
たとえば中学校と同じ部活動を継続していても、その費用はさらに高額になるのが一般的だそうです。
道具・用具、合宿費や遠征費など、諸経費が必要になります。
また、スマートフォンなどの通信費、交通費、交際費、被服費など、全体的に使う金額というのも高くなってきますよね。
そのあたりの費用については子どもがアルバイトをするかどうかによっても変わってきますが、いずれにせよ家庭内での生活費が高額になってくるのは事実です。
そのうえで、子どもにかかる教育費にいくら使えるのかを考えましょう。
大学受験を一番の目標として、高校までは公立に通ってもらってしっかり費用を貯めておくというのもひとつの方法です。


この記事をシェアする
B!