大人になるまでの学びにはいくら必要?

>

大学に向けて計画的にプランを!

国公立大学・私立大学

学費自体にそれぞれ大きな差が出てくるのも大学だと言えるでしょう。
単に大学というだけでなく、学部や学科での費用の違いがあるためです。
大きく分類すると、文系・理系・医歯系で異なります。
さらに同じ大学の文系でも学部によって学費に違いがあることも。
子どもの受験時に志望校について相談する際にきちんと把握しておくことが大切です。

具体的な費用については、国公立大学では4年間で約503万円~、私立大学(文系)では4年間で約738万円~と言われています。
小学校から大学まですべて公立に通ったとしても、トータルで約1000万円の教育費が必要だということです。
子どもが増えれば単純計算で2倍、3倍とかかってくるとするとはやり計画性が重要ですね。

自宅からの距離

小学校から高校の間でも、通学するのに交通費が必要なケースもあるでしょう。
交通費も月々で考えると大きな額ではないかもしれませんが、トータルで計算するとなかなか大きな出費と言えます。
教育費の一部としてシミュレーションしておく必要がありそうですね。

さらに大学生になると、県外まで通ったり引っ越したりする場合が考えられます。
そうなると引っ越し費用や入居時の初期費用などの諸経費が、やはり大学入学の初年度にまとめて必要となります。
親としては自宅から通ってもらえるとありがたいものですが、地方だと必然的に家を出るケースもあるでしょう。
また、毎月の家賃や仕送りなどが必要な場合には、学費以外にも大きな出費となります。


この記事をシェアする
B!